海で遊ぶ?これさえあれば満喫できる商品一覧

海水浴に持って行くグッズとして、クーラーボックスやレジャーマット、浮き輪やシュノーケルセットなど色々あると思いますが、いつもの海水浴をさらに楽しく、オシャレに快適にするグッズをご紹介します。

 

 

遊ぶ

 

WABOBAボール

テニスボールくらいの大きさのボールですが、このボールは水面を跳ねるため、新しい感覚で海の中で遊べます。

 

DOPPELGANGER インフレータブル式(空気注入式)トランポリン

海の上で楽しめるトランポリンです。耐荷重量は75s。中央のジャンプネットを外せば大きなフロートに、また中に水を溜めれば小さなプールになります。

 

Splizer ポケットサーフ

ボディボードのように上半身をボードに乗せたまま、簡単に波乗り気分を楽しめるアイテムです。ビニール製で簡単な空気注入によってボードに早変わりします。

 

ボディボード

ボディボードとは、サーフィンよりも簡単に波乗りを楽しめるスポーツです。上半身を板に乗せたまま波に乗ります。コツをつかめば初心者でも比較的簡単に楽しめます。

 

SUP(スタンドアップパドル)
シーカヤック

波のない海でSUPやシーカヤックでのクルージングは、初心者でも簡単にできるためオススメです。
どちらも空気注入タイプがあるので、折りたたんで持ち運び可能です。

 

この他、サーフィンやスキムボードなどもありますが、初心者だけで行うのは非常に危険なため絶対に避けてください。

 

サーフィンとは?道具ややり方、上手くなるコツ、プロの年収

 

 

ゆったりする

 

パラソルタープ

巨大な傘をビーチにそのまま置くといったタイプの日除けです。パラソルタープは傘のように開いて斜めに置きペグを打てば完成です。
注意点としては、少し風に弱い、付属のペグではビーチの砂にはおそらく刺さらないといった点です。専用のサンドペグを別途購入するか、ビニール袋に砂を詰め重しとしてくくるなど工夫が必要です。

 

レジャーマット スナテックス

通常のレジャーマットとは違い、砂がシートの上に上がっても手で擦る事でシートを通り抜け消えていきます。特殊なメッシュの2層構造になっており、シートの下の砂が浮き出てくる事はありません。飲み物をこぼしてもシートの下へと通り抜けていきます。(同じ素材のバッグもあります)

 

The Beach People ラウンドタオル

かなり厚手で、丸く大きなタオルです。
レジャーマットの代わりとして砂浜に敷いたり、海上がりにブランケットとして使ったり出来ます。実際レジャーマットよりふわっとした肌触りなので寝転ぶと心地いい事は間違いありません。ただ砂地で使うと後の手入れが面倒ですが、いつもと違った充実した気分を味わえます。

 

Lay Bag エアソファー

ソファーというよりはベットのような感じです。空気を入れるのも片付けるのも、とにかく簡単??
防水素材なので濡れた体で乗っても問題ありません。折りたたむとソファーだったとは思えないコンパクトサイズになります。

 

100均のプラスチックグラス

お酒やジュースなどの飲み物を、缶やペットボトルから直接飲むのでは無く、グラスに注いで飲む事でいつもとは違った雰囲気が楽しめます。
かわいいストローを使ったり飲み物に色の付いたゼリーを混ぜる事で、リゾート気分を味わえます。

 

水上ハンモック

ドーナツのようになったフロートとは違い、ハンモックのように海上で寝そべる事が出来るフロートです。
流されないように注意しましょう。

 

その他、ドリンクホルダーが着いたフロートなどもあり、ゆったりと海を楽しむ事が出来ます。

 

 

音楽や撮影を楽しむ

 

防水防塵Bluetoothポータブルスピーカー

ポータブルスピーカーにも色々な商品がありますが参考までに、Anker SoundCoreSport 防水Bluetoothスピーカーは、防水性はIPX7とかなり高く大量の砂や埃にも耐える事が出来ます。連続再生は約10時間で、18ヶ月の保証が付いており、価格も約3000円です。
周りの方の気分を害さない音量で楽しみましょう。

 

アクションカメラや防水カメラ

アクションカメラの中でもGoProは特に有名ですね。非常に小型で、耐衝撃、防水、画質が高いなどの特徴があります。また通常のカメラとは違い広角レンズを使っているため、臨場感のある映像が撮影出来ます。しかしマウントを別途購入する必要があったり、撮影中の画像確認が面倒だったりします。
高スペックの防水、防塵、耐衝撃などを備えたコンパクトデジカメとして、オリンパスのSTYLUS TG-4 Toughなどがあります。
また手持ちのデジカメに、専用の水中ハウジングをつける事で、海中撮影が可能になります。

 

スマホで撮影

スマホ用の完全防水ケースがあります。その他、キョーセラのTORQUEという機種は世界初の耐海水性能を持っています。水深1.5mまでの耐久性があり海中撮影が可能です。
シュノーケルなどの浅い海中であれば、スマホでも十分綺麗に撮影する事が可能です。

 

海で夏フェス?家族やカップルで♪海のイベント一覧

 

 

その他便利グッズ

ジップロック

スマホを入れます。ジップロック越しでもスマホの操作は可能で、指紋認証も出来ます。

 

sanko Ace プラスチックケース

荷物をまとめて放り込み、砂浜ではテーブルとして使い、また蓋だけでトレーとして使います。

 

ストロー

フロートなどの空気を抜く時に空気抜きがない場合に役立ちます。空気を入れる所にストローを差し込みフロートを押さえれば空気が抜けます。

 

 

色々ユニークな物がありますね。
どれか1つを取り入れるだけで、いつもと違った海水浴が楽しめると思います。

スポンサードリンク

ホーム RSS購読 サイトマップ