魚は淡水と海、どちらがいい?浸透圧機能の違いで脱水症状で死ぬ?

魚は淡水と海、どちらがいいのか?(淡水で生きられる魚も海でいきられる?違いは?)

 

魚には、川で泳ぐ淡水魚、海で泳ぐ海水魚がいます。

 

なぜ、別の環境で生きているのか。それは体の構造と塩分濃度に関係があります。

 

魚が生きていく為には人間と同じように、一定の塩分が必要です。魚の体液の塩分濃度は、淡水魚0.6%、海水魚1.2%です。ちなみに人間は0.85%)
みんなだいたい同じですね。
次に、淡水の塩分濃度は0.0%、海水は3.0%

 

ですので塩分濃度は、
淡水魚 > 淡水
海水魚 < 海水
という事になります。

 

浸透圧といい、濃度は薄い方から濃い方へ移動し均一にしようします。

 

淡水魚は、自分の体液よりも周りの液体の方が濃度が薄い為、水が体に入ってきてしまうのです。ですので、その水を腎臓で処理し極わずかな塩分を回収しつつ大量の薄い尿をどんどん排出する事で、体内の塩分濃度を調整しています。

 

一方 海水魚は、自分よりも周りの液体の方が濃いので、体から水分がどんどん奪われるのです。その為、海水を飲んで腸から水を吸収し、余分な塩分をエラや尿として排出します。
ちなみに海水魚は1日に、人が飲む量(2L)と同じかそれ以上の水を飲んでいるのです。

 

これを浸透圧調節機能と言います。

 

 

ザックリ言うと、
淡水魚は体内から塩分が逃げない機能をもち、海水魚は塩分を排出する機能を持っているのです。

 

ですので、淡水魚を塩水に入れると塩を取り込みすぎると同時に、塩水から水だけを取り入れる事が出来ない為、脱水症状を起こし死んでしまいます。
逆に海水魚を真水に入れると、塩分濃度が極めて低い水にもかかわらず、塩をキャッチする機能がないので塩分が足りたくなって死んでしまうのです。

 

しかし、サケやアユのようにどちらでも生きられる魚もいます。
そういった魚は広塩性魚といわれ、河口などの汽水域を使って体を慣らし、この機能を使い分ける事ができる為、川でも海でも生きられるのです。

 

このように、少し時間をかけて慣れる事によってある程度の薄い海水であれば生きられる魚が、実は多いのです。
メダカなども台風の増水で流された場合、河口の塩分が高くなるところまで流されたとしても、元気に川に戻ってこれます。その他、水族館で鯉と鯛が同じ水槽で展示されるなど、塩分濃度を徐々に合わせていけば可能なのです。

 

最近では、ナノバブル水という物が開発され、この水の中では淡水魚と海水魚が一緒に生きられます。

 

水族館の魚の管理方法!エサは冷凍魚?深海魚は水圧を慣らせていく?

 

しかし、元々の体の構造や機能がある為、やはり元の環境で暮らすのが1番適している事は確かです。

スポンサードリンク

ホーム RSS購読 サイトマップ