日本の海開き期間一覧表!なんと沖縄は8ヶ月間も海に入れる?

海開きとは『海水浴場を一般に公開する事』とされています。

水質調査やブイの設置、地形整備、砂浜清掃などの準備がされます。海開きされると海の家の営業が始まったり、ライフセーバーの方が危険が無いかと監視してくれる所もあります。
また、シーズン中の繁盛と安全を祈願して、海開きの日に神事を執り行う海水浴場が多くあります。

 

日本各地の海開き情報(2016年データ)を集めてみましたので、北の方から順番に紹介したいと思います。

 

海で遊ぶ?これさえあれば満喫できる商品一覧

 

??北海道の海開きはだいたい7月上旬?8月下旬。

 

石狩浜海水浴場は6月下旬からやっているようです。

 

北海道では、やはり真夏でも水温が低いため、泳ぐというよりは海で水遊びをするという方が多いようです。

 

 

??東北?関東地方は7月中旬?8月下旬が多いようです。

 

神奈川は7月上旬からの場所が多く、逗子海水浴場では6月下旬となっていました。

 

そして東京都の小笠原諸島、父島、母島の海開きは、なんと『元旦』に行うそうです。とはいえ、やはり水温が低いので水着だけで快適に泳げるのは5月?11月下旬との事です。

 

 

??中部地方はだいたい7月上旬?8月下旬の所が多いです。

 

石川県は7月中旬から、愛知県は6月下旬の場所が多いです。
その他、静岡県の網代海水浴場(伊豆)や静波海水浴場は6月末からとなっています。
また、三重県の三木里ビーチは7月上旬?8月下旬ですが、ゴールデンウィークもやっているようです。

 

 

??近畿?中国地方はだいたい7月上旬?8月下旬となっています。

 

和歌山県の白良浜海水浴場では5月上旬?9月上旬まで
兵庫県の新舞子海水浴場では6月上旬から、諸寄海水浴場は6月上旬?9月下旬までやっています。

 

 

??四国の海開きも7月上旬?8月下旬の場所がほとんどです。

 

愛媛県の、ふたみシーサイド公園は6月下旬から。
高知県の、うどの浜では6月上旬?9月中旬で、樫西海水浴場は4月中旬?9月下旬とこ事です。

 

 

??九州の海開きも7月上旬?8月下旬が多いです。

 

福岡県の能古島海水浴場では7月上旬?9月下旬。
熊本県では6月下旬?8月下旬の場所が多かったです。
鹿児島県の奄美大島では4月中旬?10月下旬となっていました。

 

 

??沖縄県では4月上旬?10月下旬の所が多いようです。

 

かりゆしビーチでは3月中旬からとなっており、北谷公園サンセットビーチ では11月下旬までとなっていました。

 

 

 

3月から11月とは、さすが沖縄です。
しかし、日本一早い海開きが沖縄ではなく父島だった事は驚きましたね。

 

ところで、各地の海開きの情報を書きましたが、ふと『海開き』の逆、シーズンが終了する時はなんと言うのか気になり調べてみました。
特にこれといって決まった言葉は無いようですが、佐賀県の唐津市では『海閉じ式』が行われ、静岡県の伊豆市では『海じまい式』が行われているようです。
ですので、海開きの逆は海閉じや海じまいが一般的なようです。

スポンサードリンク

ホーム RSS購読 サイトマップ