海に行く前に脱毛をする?サロンは一番安全?カミソリ処理は危険?

夏は薄着になる機会も多く、海では水着にもなります。せっかくの海水浴でもムダ毛が気になると楽しめませんよね。

今回はムダ毛の処理方法のメリットとデメリットを紹介します。

 

 

ムダ毛の処理をする

 

ムダ毛の処理方法として

 

・カミソリでの自己処理

 

・脱毛クリームを使った自己処理

 

・脱毛サロンでのレーザー脱毛

 

・医療機関での永久脱毛

 

などがあります。

 

 

カミソリでの自己処理

何と言っても入浴中についでに出来るという手軽さが、剃刀の最大のメリットではないでしょうか。
しかし、処理直後はツルツルですが翌日にはすぐにチクチクし始めたりします。

 

また毛と同時に肌の角質も削ってしまうため、肌への負担はとても大きいのが問題です。
乾燥や肌の炎症により肌の色がくすんできたり、埋没毛や毛穴の黒ずみが目立つようになってしまいます。

 

カミソリで処理する場合は、ボディーソープではなくシェービング剤やワセリンなどを使用しましょう。
何もつけずに処理するのだけは避けてください。

 

処理後は肌バリアが破壊されているので、保湿などのアフターケアを行ってください。
抑毛剤などを使うとより効果的かもしれませんね。
海では強い紫外線があたるので、当日に処理するのは避けましょう。

 

 

脱毛クリームを使った自己処理
継続するためには少しコストがかかりますが、カミソリで剃るよりは深く処理する事が出来、毛先も丸くなるので伸びてきてもチクチクしにくいです。
しかし薬剤で毛を溶かすため、この方法も肌へ負担がかかり肌が弱い人やデリケートゾーンなどへの使用はおすすめ出来ません。
製品によって使用法が決められているので、それを守って使用しましょう。

 

 

脱毛サロンでのレーザー脱毛

やはりプロにやってもらうのは安心です。
最近では比較的コストも安くなっていますが、1回いったからツルツルになるというものではありません。
2〜3ヶ月に1回といったペースで何度も通わなければなりません。

 

この方法は、冬の間に通い始めるのがおすすめです。
レーザーは毛の黒い色に反応するのですが、夏になって肌が焼けて黒くなると肌の色にも反応してしまうため、火傷防止に照射レベルを下げる必要があり、そうなると効果が出にくくなってしまうのです。
長期間通う必要もあり、またこの方法も肌へ負担がかかるため、施術後はできるだけ太陽光に当たる事を避けなければならないので、冬に始めて夏に丁度間に合うくらいだと考えてください。

 

何度も通う事で毛はどんどん生えにくくなり細くなっていくので、その後のケアがとても楽になります。

 

有名どころといえばミュゼプラチナムですね。

 

ミュゼで脱毛!お手入れ前・当日、お手入れ後のまとめ。海に入る何日前なら間に合う?

 

医療機関での永久脱毛

痛みを伴い大抵の場合1年以上の期間がかかります。
またサロンでの脱毛よりはるかに高額です。

 

医療機関で使用している機械は、毛を作る組織を熱によって破壊する効果を持っています。
医療機関以外のサロンなどでは、このように体内の組織を破壊する事が認められていないため永久脱毛は不可能なのです。

 

永久と言っても完璧に毛が生えなくなるわけではありませんが、ほぼ完璧に自己処理の必要は無くなります。
自己処理を続けた結果色素沈着を起こし、くすんでいた肌の色も綺麗に戻ります。

 

 

その他の方法

その他に、自分で脱毛出来る家庭用脱毛器もあります。
個人的にはケノンという機械でとても効果がありました。
少し高額な機械ですが全身に使えサロンに通うよりは安くすみます。

 

サロンに通う必要もなくデリケートゾーンなど人に見られたくない箇所でも安心です。
ただ、自分で照射しないといけないので少し面倒で、背中は誰かに頼むしかありません。
また、強く押し当てすぎると火傷してしまったりする危険もあります。

 

 

脱毛後の肌は弱っているので、しっかりケアしましょう。
ツルツル肌で夏を満喫したいですね。

スポンサードリンク

ホーム RSS購読 サイトマップ