濃い青い海は微小物質が少なく透過率が高い?プランクトンで緑になる?

海は青く見えますが、手ですくった海水や浅い場所では無色透明に見えます。ではなぜ深い所になると、海は青く見えるのでしょうか。

最も有力な説は、光の散乱説です。

 

太陽光は7色から出来ており、その色は赤、橙、黄、緑、青、藍、紫とまさに虹の色です。
その色が組み合わさり白い光となっています。

 

そして水の分子は、赤色の光を吸収するという特徴を持っており、逆に青色の光は透過率が最も高いのです。

 

海に太陽の光が当たると、赤色の光が徐々に吸収され青色の光は四方八方に広がりながら、どんどん深くまで届きます。
海の浅い場所などでは、赤色が吸収されるだけの距離がない為、透明に見えるのですが、海などの厚い層を成している水や、巨大な氷が青く見えるのはそういった理由からだと言われています。

 

水深が深くなるにつれて青色以外はどんどんと吸収され赤色などは黒く見えるそうです。ですので、ダイビングなど深い場所での写真撮影には、太陽光に似た効果を持つストロボが無ければ被写体本来の色が写せないというわけです。

 

海が青く見える理由は分かったのですが、ではなぜ場所によって色が違うのでしょうか。
その理由は、海水中の微小物質、プランクトンなどが関係しています。

 

透明度が高い海ではプランクトンや海水中の浮遊物などの微小物質が少ない為、青い光が深い所まで届きます。ですので、透明度が高い海はそれだけ濃い青色に見えます。

 

逆にプランクトンが多いと、海水中の浅い所にいるプランクトンに他の色も反射する為、緑っぽい青色に見えるのです。

 

そして透明度が低い濁った所では、青い光も深くまで届かないため、緑っぽく暗い色に見えます。

 

また水深が浅く太陽光が海底まで届くような場所では砂の色が混ざる為、砂の色によっても見え方が変わります。
海水の透明度が高く、砂が白っぽい所はエメラルドグリーンに見える、とよく言われています。

 

このような理由から、コバルトブルーの海、エメラルドグリーンの海、緑っぽい暗い海など、様々な海の色になるのです。

 

綺麗な海で有名な箇所3選〜世界一の透明度、珊瑚礁、ピンクの砂浜〜

 

また近年では水質汚染のため、植物プランクトンやバクテリア(藻)が異常発生し、海が真っ赤や真緑、乳白色の水色などに染まってしまう現象が世界各地で多発しています。

スポンサードリンク

ホーム RSS購読 サイトマップ