海の水は無くならない?減らない理由

地球上にはおよそ14億q3の水があると言われています。そしてその97%は海水として海にあります。

なぜ海の水はなくならないのでしょうか。

 

その理由は、地球上の水の量は常に一定だからです。
地球にある14億q3の水は、常に液体として存在しているわけではなく、固体、液体、気体と姿を変えながら、陸、海、空の間を素晴らしいバランスで循環しています。
海の水が蒸発すると水蒸気となりますが、これが冷やされ雲ができ雨が降ります。雨は川を流れ海へと戻ってくるので、海が干上がる事はなく地球上の水の量も一定なのです。

 

水不足による給水制限や、干ばつによる食糧危機などは聞いた事があると思います。これは、地球全体の水が減っているわけではなく、ある地域で使える水の量が不足している、といった状態です。
先に記載した通り地球上の水の量は一定なので、どこかで干ばつが起こるとどこかで洪水が起こる可能性があります。

 

 

とはいえ、
地球上の水の量は一定だとしても、海の水が減る事はあります。海の水が減る原因は以下のようなものです。

 

・陸地で氷の量が増えるとその分海水が減る。
例えばアルプスなどの山脈で雨ではなく雪が降り氷となった場合、雪解け水として川から海へ戻ってくれば海の水の量は変わりません。しかし、ずっと氷が溶けずに増え続ければ海に水が戻ってこないので、地球規模でそのような事が起これば海の水は減る事が考えられます。

 

・マントルへ取り込まれる。
海洋プレートが沈み込む際に、海水も一緒に地中へと取り込まれます。火山活動により取り込まれていた水が地表や海中へと還元されますが、取り込まれる量の方が多く数億年後には海の水が無くなる、といった説もあります。

 

・宇宙への放出
水蒸気から分解された水素が宇宙へと放出される事で地球上の水は減ります。しかし放出される水素の量は少なく、また宇宙から落下してくる隕石に水が含まれていたりするため、この考えに関しては差し引きゼロ、または誤差レベルと考えて問題ないようです。

 

北極に海氷は半分以上無くなった?南極の海氷は増えている謎

 

ちなみに、海水には3.5%の塩分が含まれています。海の水が全て蒸発してしまった場合、88メートルにも及ぶ塩の層が地球を覆うと言われています。

スポンサードリンク

ホーム RSS購読 サイトマップ