海最強はシロナガスクジラ!地球史上最も大きい生物の破壊力

海にはたくさんの生き物がいます。その中で頂点捕食者とされる物は多く、シャチやサメの他にも、カジキ、シビレエイ、ロウニンアジ、ミノカサゴ、ミズダコなど大小様々です。餌とするものが違ったり、生息域が違うなどの理由から頂点がたくさんいます。

今回は、食物や生息域に関係なく1対1で戦ったとしたらどの生き物が頂点かを予想したいと思います。

 

 

??5位 ホオジロザメ
サメはかなり強く食物連鎖の上位にいます。サメは共食いをするのですが、体の大きなサメが自分よりも小さいサメを食べるので、やはり体の大きな方が有利というわけです。
ホオジロザメの体長は大きいもので5m程。
サメの中でも、ジンベエザメなどのプランクトンを主食としているものを除き、体長5m以上になるものはイタチザメやヒラシュモクザメなど数種類いますが、1番メジャーでサメ界最強とよく言われるのがホオジロザメです。
ホオジロザメは、サメの中では1番知能が高く、歯は皮や筋肉を切断するのに適しており、ひと噛みで14kgもの肉塊を食いちぎると言われています。

 

これだけ見ると海最強はホオジロザメじゃないかと思ってしまいそうですが、ここでイルカの登場です。

 

 

??4位 ハンドウイルカ
イルカは穏やかで優しい性格をしているため、弱いと思われがちですが実は強いのです。群れで行動する事が多いのですが、大型のイルカであれば1頭でもホオジロザメを撃退できます。
サメは『狭い目=狭目』というように、視力がとても弱いのです。一方イルカはクリック音と呼ばれる超音波を使い、濁った水でも相手をはっきりと捉える事が出来ます。
ハンドウイルカの体長は大きいもので4m程、攻撃方法は主に頭突きや体当たりです。ホオジロザメの5mよりは劣り、噛みつかれたら致命傷を負う可能性はあります。
しかし、イルカは泳ぎの達人です。瞬間的には70q/hものスピードをだし体当たりや頭突きをします。ホオジロザメの最高速度は50q/h程で目も悪いため回避できません。その上、ホオジロザメは内臓を守るための助骨がないため、その勢いで体当たりされれば内臓が破裂するでしょう。
実際、アメリカでは過去に軍用イルカがおり、ダイバーをサメから守るという役割で活躍していたのです。
大きさはホオジロザメが勝りますが、知能、スピード、体の構造上の理由から、イルカの勝ちです。

 

しかし、イルカよりもさらに上がいます。

 

知能が高いイルカのコミュニケーション方法、超音波とは?

 

 

??3位 シャチ(トランジェント)
シャチにも色々な種類がいますがトランジェントとは回遊型でクジラやイルカを餌としています。
シャチは非常に知能が高く、体長は4m?6m程で、大きいものでは9mにもなります。全身が筋肉の塊のようになっており、泳ぐスピードは時速80q/hにも達します。
歯もかなり鋭く、長さは13p、それが上下合わせて48本もあり、大型の獲物を引き裂くためにあります。
攻撃方法は、体当たりや噛みつくだけでも致命傷を与えられるのに、下から突き上げ相手をひっくり返すなど、とても知能的です。
サメやイルカと比べても、知能、体格、スピード、全てにおいてシャチの圧勝です。
1頭でも圧倒的に強いシャチは群れで行動します。まさに、敵なし。自分よりも大きい獲物もとらえます。海の食物連鎖の頂点にいる生き物なのです。

 

しかし、今回は1対1の対決。となればシャチでも勝てないであろう相手はいます。

 

 

??2位 マッコウクジラ
オスの体長は16?18m、体重50t。
大きすぎます。
歯のある生物としては世界最大です。
シャチが勝てるとすれば、群れで子供を襲う場合です。成体のオスでも時間をかけて、少しずつ食いちぎれば勝てるかもしれないと思いたいところですが、マッコウクジラには深海に潜るという必殺技があるのです。
シャチもマッコウクジラも哺乳類(肺呼吸)なので、潜水時間は限られています。シャチの潜水時間は15分程、それに対しマッコウクジラは2時間も潜る事が出来るのです。そのため、シャチを口に咥え深海に潜ればシャチに勝ち目はありません。
事実、シャチは群れでもマッコウクジラのオスに襲いかかる事は、滅多に無いそうです。

 

さて、そんなマッコウクジラに勝てる生き物がいるのでしょうか。

 

海の生物、知能の高さベスト3!イルカ、シャチら鯨類の脳化指数はダントツ

 

 

??1位 シロナガスクジラ
体長20?34m、体重80?190t。
シロナガスクジラは地球史上最も大きい生物です。
クジラ類の主な攻撃方法は尾ひれでの打撃です。それに加え体当たりなどもします。マッコウクジラには歯がありますが、特に肉を食いちぎったり噛み砕く事はできないので、主な攻撃方法はマッコウクジラも同じです。体格差から、シロナガスクジラの打撃はマッコウクジラの4倍とも言われ、その破壊力は凄まじいものです。
そしてマッコウクジラの遊泳スピード25q/hに対して、シロナガスクジラはその巨体で50q/hもの速度で泳ぐ事が出来るので、シロナガスクジラが1位だと予想しました。
ただし、マッコウクジラは超音波を使いダイオウイカなどを仕留めますが、その超音波がシロナガスクジラにも効果がある場合はマッコウクジラが勝つ可能性は高くなります。

 

哺乳類(クジラなど)が海にいる理由。進化の不可逆性によるフォルム

 

 

??ランク外の強そうな生き物
ダイオウホウズキイカ
オーストラリアウンバチクラゲ
クロカジキ

 

人類が滅亡した後、イカが知的生命体となる?映画「フューチャーイズワイルド」的未来予想

 

他にも強そうな生き物もたくさんいますが、武器を使わない動物界ではやはり大きさが重要なようですね。
というわけで、個人的な予想での海最強は『シロナガスクジラ』に決定しました。
ちなみに、実際の海の中では生き物たちは無駄な争いはしません。

スポンサードリンク

ホーム RSS購読 サイトマップ